HOME>Review>賃貸物件を借りる際に必要な準備【新生活をスタートした人の意見】

賃貸物件を借りる際に必要な準備【新生活をスタートした人の意見】

男の人

長岡京市で賃貸契約を結ぶ際には、実印の準備と連帯保証人探しが必要となります。用意ができない場合には、契約が結べないおそれがあるので早めに準備しましょう。今回は、実際に賃貸契約の準備をした人の声をお届けします。

みんなの口コミ

実印がなくて慌てました

今まで実印を登録したことがなかったので、長岡京市で一人暮らしをする前に登録しておきました。契約で実印が必要になることが多いからです。実印の作り方は意外とカンタンで、市内の役場で印鑑登録申請書をもらって必要事項を記入して押印し、身分証明書と一緒に窓口に提出するだけOKでした。身分証明書は運転免許証のコピーを提出しました。自治体によって費用は違うようですが、自分が住んでいた市は登録するのに300円かかり、印鑑登録カードを発行してもらうのに一通300円かかりました。印鑑を作る費用も含めて、トータルで5千円程の出費でした。印鑑登録カードはすでに発行してもらって手元にあるので、いつでも賃貸の契約ができる状態です。
【20代|男性】

保証人になる人にはしっかり話をしておくべき

連帯保証人は長岡京市で賃貸マンションを契約するときに必要になることが多いです。ずっと会社の寮に住んでいて、転勤で寮を出て新しく賃貸マンションを借りることになったときには、連帯保証人を探すのに苦労しました。母親は他界していて父親がいるんですが、年金生活をしていて仕事をしていないからです。兄妹もおらず一人っ子で、結局仕事をしている父親の弟にあたる叔父さんに、連帯保証人になってもらえないか相談しました。急なことだったので最初は断られましたが、父親が説得してくれたおかげでなんとか引き受けてもらえました。連帯保証人の身元は入居審査でも重要になるので、身内で信頼できる人に早めに話をしておいたほうがいいですね。
【20代|女性】